No. 2 選択

このブログは、現在進行形です。
現在私の年齢は、63才です。この先、セブンサミットが出来るかどうかわかりませんが、最近練習の一貫としてスキューバダイビングを始めました。
泳ぎのできない私ですが、玄海灘を中心に潜っています。この事も書いて行こうと思っています。
最初は、
登山に全くの素人の私が、
登山を始めた訳ですから、何を身に付けて、どんな練習をしていけば良いのかすらわかりませんでした。
ですから、アウトドアショップに行っても、その店の店員の方の言われるままに買っていました。
店員の方が、まだ登山経験者であれば問題無いのですが、最初の頃は無駄買いが多かったですね。
練習も漠然と皿倉山を登り降りするだけでした。
登山を始めて思うのですが、どのレベルを選ぶかによって、装備の違い、危険度の違い、登りに行く山の違いなど、どのスポーツよりも選択の幅が広く感じました。
極端ですが、夏山だけの低山をたのしむのか、エベレストを目指すのか、幅は広いです。
九州に居ると夏山しか登らないと言われる方が結構います。
理由は、雪山が苦手らしいです。

NO.1 きっかけ

私が山登りを始めるきっかけになったのは、当時最年少でセブンサミットの記録を作った早稲田大学生Iさんがテレビに出演している所を見てからです。
最初は政治向きの話をしているのかなと、画面を見ないで聞いていると登山の話なので、画面を見ると幼い顔立ちにびっくりしました。
当時Gセブンとゆう言葉は知っててもセブンサミットとゆう言葉は初耳でした。
今でこそ、セブンサミットは地球の七大陸の各大陸の一番高い山の七つの山(アフリカ大陸<キリマンジャロ5.895m>、ヨーロッパ大陸<エルブルス5.642m>、北米大陸<デナリ6.194m>、南米大陸<アコンカグア6.959m>、南極大陸<ビンソンマシフ4.892m>アジア大陸<エベレスト8.848m>、オセアニア大陸<カルステンツピラミット5.030m>)を指すことを知っていますが、当時は学生のIさんが出来るんだかと軽く考えていました。
私は当時48歳で学校を卒業してから運動らしい運動をしておらず体重が110kg有りました。
軽い気持ちで学生さんが出来るんだったら私にも、出来るかもしれんと思って始めたのがきっかけです。
今から思うと軽い気持ちで始めてなかったら途中で辞めていたかも知れないですね。
いざ始めてみると、体力がないのできついし、お金がかかるし、時間もかかる。
私も学生時代があるので、学生は、若いから体力と時間はたくさんあるが、肝心なお金がない。
多額なお金が掛かる、どうして工面したのか気にかかった。
最初に登り始めた山は北九州市八幡東区にある皿倉山(622.2m)とゆう山ですが、何回登ったのかよく覚えていませんが、
登りながらよくIさんは、こんなことをよく考えたものだなとぶつぶつ言いながら練習したものです。