ウォーターサーバーのデメリット

ウォーターサーバーはメリットが多いからこそ、これだけ一般家庭にも普及したのです。

コスト面や安全面からみても多くのユーザーから高い支持を得ています。

導入する前にはメリットだけはなくてデメリットも理解しておく必要があるでしょう。

 

今回は敢えて意地悪く欠点を探してみることにしました。

テーマは【ウォーターサーバーのデメリット】ということに迫ってみましょう。

■ウォーターサーバーを設置するスペースが必要になること

こういったデメリットに対してメーカーが開発したのは省スペースタイプのウォーターサーバーです。

一般家庭に普及しているのは50センチ四方のスペースとコンセントがあれば良いタイプです。

 

・リビングにそんな余裕ない

・一人暮らしだからキッチンが狭い

 

こういった声に耳を傾けて卓上タイプのウォーターサーバーもでています。

チェストの上におけますから卓上タイプならば場所を気にすることもないでしょう。

 

■経年使用で水漏れが発生するケースもあること

水漏れの原因になっているのは(1)ウォーターサーバー内部のトラブル・不具合(2)ユーザーの間違った使用方法です。

ですがウォーターサーバーの構造は他の家電製品と比較してもかなりのシンプル構造になっています。

 

故障の発現頻度もはるかに少ないです。

しかし全く故障することはないと断言はできないです。

 

ウォーターサーバーの内部のジョイント部分・タンク・配管に亀裂が入れば水漏れするでしょう。

経年使用での部品の劣化や外部から衝撃が水漏れの原因になることもあります。

お子さまがいる家庭では、ぶつからないように注意してください。

また定期的にメンテナンスすることで水漏れトラブルは防げます。

 

■ウォーターサーバーの間違った使用方法とは?

(1)気温がゼロ度を下回るような冷たい場所に設置する

(2)運ぶときに傾けたり横向けにしたりしてしまった

(3)間違ったやり方でウォーターボトルをセットした

 

説明をキチンと聞いて説明書の指示通りにすればトラブルは防げます。

過失や間違った使用方法でなくウォーターサーバーの不具合ならば新しいサーバーと交換してくれたりメーカー負担で修理をしてくれます。

お薦めはサーバーをレンタルする方法です。
無料のウォーターサーバーレンタルなら「pcwater」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>