どうしてこれほどウォーターサーバーが家庭に普及したのか?

ウォーターサーバーは本来業務用だったのです。

飲食店や企業の中で使用されていて大人数をターゲットとしていたのです。

ですが健康志向・美容志向の人達に注目されて一般家庭に普及しました。

今や贅沢品という位置づけではなくて実用的な商品として話題になっています。

今回のテーマは【どうしてこれほどウォーターサーバーが家庭に普及したのか?】です。

■1:余計な手間が不要で便利に使えるから……

ボトルをセットするだけでウォーターサーバーの貯水タンクに決まった量の水が移動してきます。

タンクの水量が少なくなるとオートマチックにボトルからタンクに継ぎ足してくれます。

 

・冷蔵庫で水を冷やす

・ポットでお湯を沸かす

こういった手間が一切不要になります。

 

ボトルの中の水の残りが少なくなれば業者が自宅まで宅配できます。

お水は重いので運搬が大変で、ウォーターサーバーならばお店まで水を買いに行く手間もありません。

高齢者世帯が多くなってくる日本には打って付けのサービスなのです。

あらかじめ配送パターンを決めておけば定期購入ができストックを気にすることもないでしょう。

 

■2:衛生的で安全性が高い

各メーカーは独自の厳格な安全基準を設けています。

検査基準をパスした水を厳選してウォーターサーバーに使用されるのです。

ボトリングする場合も無菌システムでキチンと衛生管理されています。

衛生的で安全性に富み有害物質の混入の心配はありません。

 

ウォーターサーバー本体も雑菌・有害物質が混入しづらいデザインです。

毎日、綺麗で美味しい水を好きなときに飲める生活が待っています。

 

■3:店舗でミネラルウォーターを購入するよりもリーズナブル

これが一番の人気の秘密なのかもしれません。

ウォーターサーバーのレンタル費用も無料になっているメーカーが多いようです。

 

■まとめ

近頃では省エネタイプが登場しています。

電気代が気になるかもしれませんが電気ポット1台分よりも安くなっています。

温水・冷水がいつでも使える便利もあり、かなりの節約になるでしょう。

 

家庭用ウォーターサーバーとして使う多くのメリットがあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>