一般的なウォーターサーバーに搭載されている機能

ウォーターサーバーが人気になっていますが、最近は省エネタイプも増えてきています。

通常の1/3程度の電気代まで抑えることができるので環境にも配慮しています。

デザインにこだわらないならば省エネモードが搭載されているエコサーバーを検討してもいいでしょう。

今回は【一般的なウォーターサーバーに搭載されている機能】についてお話します。

■1:温水・冷水機能

温度設定はメーカー毎・機種毎によって若干違いはあるでしょう。

温水の場合は80度から85度になっております。

冷水の場合は6度前後が一般的です。

 

これならば冷たい水であっても冷たすぎないのです。

 

■2:無菌エアシステム

ウォーターサーバーの外部から空気の侵入を防ぐシステムです。

水の鮮度をキープしてくれるのです。

ワンウェイタイプ(使い切りタイプ)のボトルに採用されています。

ガロンタイプ(回収タイプ)のボトルには適用されません。

ウォーターサーバーを決めるときはボトルタイプにも注目しておきましょう。

 

■3:チャイルドロック機能

大人がいないときに、子どもが温水レバーを押してしまうと火傷の心配があります。

最近のウォーターサーバーには安心して利用できるように温水にチャイルドロックが搭載されています。

中には冷水にもロック機能があるタイプもあるようです。

 

■まとめ

冒頭にご紹介したように省エネモードや、ウォーターサーバー内をクリーンに保つために温水を定期的に循環させる機能がある機種もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>