ウォーターサーバーの豆知識

ダイエット

水そのものにエネルギーになる成分は含まれていませんので、実際には水で太ることはありません。牛乳が大好きな子供が1日に2リットルも飲み、それが肥満の原因になった例があります。問題はその成分と飲む量です。ダイエットの基本は三度の食事を必要量食べて間食を避けることですが、飲み物も間食としてカウントすることが大切です。

 

菓子類などの甘いものはさすがに分量を調節したり、次回の食事を減らそうとしたりしますが、飲み物についてはエネルギー計算をしないことが多いのです。また、飲み物といっしょに、ケーキ、ナッツやおかきをついつまんでしまうこともよくあります。ジュースや果物も同じで、栄養価の高いものでも摂りすぎは問題です。水を飲みすぎると太るとか、ダイエットをしているのに水だけでも太るといったことがよく言われます。

 

嗜好性飲料の種類によっては、甘味料や色素、香料などの食品添加物、カフェインやタンニンなどの体が必要としていない成分も摂ることになるのです。しかも、このような飲み物はノドが渇いていなくても気分転換や休憩時など、飲む回数が多いので、結果的には相当なエネルギーを摂ることになります。ノドが渇いた時に体が必要としているのは、水分、つまり水ですが、人はジュースや炭酸飲料、スポーツ飲料、コーヒー、紅茶、時にはビールなどのいろいろな飲み物で水分補給をしています。

 

炭酸飲料やコーヒーなどの嗜好性飲料は楽しみとしての意味があります。ダイエット中の飲み物の問題点は、たとえ微糖であっても含まれているエネルギー量です。これらの飲み物は一般に菓子類よりも甘味が少ないので、ダイエット中であってもつい油断をして飲みすぎる傾向があります。

「ミネラルウォーター」と「ピュアウォーター」

「ミネラルウォーター」と「ピュアウォーター」の違いをイマイチ理解できないという人も多いことでしょう。ちなみに、ピュアウォーターを作っている会社はたくさんあるのですが、水道水からピュアウォーターを作っている会社もありますし、アルプスやハワイなどで作っている会社もあり、実に様々なピュアウォーターがこの世に存在しているということも知っておくといいのではないでしょうか。このミネラルウォーターの大半の成分は、マグネシウム、カルシウム、ナトリウムなどのミネラル成分を含んでいますので、「ミネラル」という言葉がついているというわけですね。

 

一般的には、硬水は軟水に比べても日本人の口に合わないといわれており、なおかつ、ミネラル成分は料理において素材の味を邪魔することがるのです。では、ピュアウォーターは一体どんなものなのでしょうか?ピュアウォーターは、特定水源より採水されたものを何重にもろ過を行い、ミネラル成分や不純物を除去した水になります。そして、ミネラルウォーターも「硬水」であることがほとんどです。

 

「硬水」「軟水」という使われ方をされているかと思いますが、カルシウムとマグネシウムの含有量が高い水を「硬水」と呼んでいます。これは、「軟水」と呼ばれるものです。

ウォーターサーバーのお手入れ

ウォーターサーバー内のメンテナンスは定期的に業者が自宅を訪れて実施するのが一般的ですが、
サーバーに熱処理機能が内蔵されており、業者のメンテナンスが不要になっているものもあります。

 

まず、温冷水が出るコックとその下の受け皿は汚れやすいため、できれば毎日お手入れしましょう。

 

コックはアルコール系の消毒液をつけた清潔なふきんで拭き取り、受け皿は洗剤を使ってキレイに洗います。
また、背面や電気コンセント付近についたホコリは掃除機で吸い取り、サーバー本体も清潔なふきんで拭いておきましょう。

 

しかし、より清潔な状態をキープするには、水が溜まりやすい箇所などを自分でこまめにキレイにしておくことが大切です。

非加熱処理のメリット

実は加熱殺菌を行うと、ミネラルのバランスが崩れてしまう(一部が蒸発してしまうため)ばかりではなく、溶存酸素という水の中に溶け込んでいる酸素が減少してしまうため、その水の品質や美味しさが確実に損なわれてしまうのです。

 

つまり非加熱天然水は、自然のままの水を一切の加工をすることなく届けるため、キレイで安全であるばかりではなく、美味しさまで持っているんです。

 

非加熱のメリットは他にもあります。ただしデメリットとしては、これらの非加熱天然水はRO水という人工的なフィルター処理された水よりも高くなってしまいます。

 

そこで、コストを意識するならRO水、とにかく品質にこだわるなら非加熱天然水を検討してみてください。

輸入品のミネラルウォーター

ウォーターサーバーに含まれる水の種類として、よく見かけるのが「海外産の天然水」を使ったミネラルウォーターです。これだけでも、日本のガイドラインとはかなり違うことがわかります。」となっています。ヨーロッパは非常に水質に恵まれた地域です。

 

飲み続けることで健康に好適な特性があることが科学的、医学的、または臨床学的に証明されていること。
水が地下の水源から直接、一切空気に触れることなくボトリングされていること。そして殺菌やミネラル分の添加、調整など、あらゆる人為的な加工をしていないこと。
人体にとって安全な生菌が正常な範囲内で生きていること。

 

ミネラルウォーターの条件を簡単にまとめてみると「水源があらゆる汚染から完全に隔離されている地下水であり、また水源の周辺の自然環境がきちんと保護されていること。日本でも人気の高い「ヨーロッパ地域のミネラルウォーター」ですが、ヨーロッパ(EU加盟国)における《ナチュラルミネラルウォーター》の基準は非常に厳しく定められています。」「その含有成分や水の温度、および他の性質が常に安定していること。

 

一昔前にミネラルウォーターのペットボトルにカビの胞子が混入されるという事件もありましたが、現在ではかなり厳しい基準によって製品はチェックされており、安心して飲める水となっています。さらに付け加えると「人体に有益なミネラルを一定量保持していること。」が条件となっていることもあります。

水の製法

宅配の水には『天然水』と『RO水』と呼ばれる2つの製法が主流になっています。

 

RO水とは原水(主に水道水など)に1000万分の1mmのフィルターでろ過したRO(逆浸透膜)処理を施した水のことであり、
純水(H2O)に限りなく近いのですが、ミネラル成分まで除去されてしまうため、人為的にミネラル成分を添加するRO加工水もあります。

 

天然水とはナチュラルミネラルウォーター のことであり、ろ過や過熱殺菌処理によって
原水のミネラルバランスなど元来の成分を変化させることなく、自然の旨みそのままの水のことです。

ウォーターサーバーの契約

訪問客があった時に、お湯の準備が整うまで飲み物を我慢してもらうのは気がとがめるものです。いつも家の中にサーバーがセットされている状態になるため、配置する部屋に好ましいデザインであるかということも考慮すべ大切なことです。全部の料理にウォーターサーバーの水を活かすとなると相当な水を要してしまうでしょうから、水の味が料理の味に影響するようなときに取り入れるようにしましょう。ウォーターサーバーでしたら冷水と温水の両方が出るので、ミルクを最適な温度にすることもたやすくできます。そしてウォーターサーバーは、非常にたやすく冷たい水や熱いお湯を使うことができるので、人気が高まっています。

 

お湯も水もきちんと管理されたものなので、水道水は用いないほうがいいと考えられている赤ちゃんのためにも導入してみることをおすすめします。この水やお湯は、料理にも活用している人が多く、特にお米を炊いたりスープを作る際に活用している人がいっぱいいます。心惹かれる業者がいくつもあるのなら、ひと通りの業者のお試しを申し込みましょう。全業者のお試しサービスを同時期にお願いしたほうが味などの異なる点を体感できます。シンプルなデザインのものが人気ではありますが、キャラクターを取り入れたサーバーもあるようなので、設置空間に適したデザインなのかどうかもお試し体験の時点で確認してはどうでしょうか。

 

お米は使用する水が新鮮だと、最もおいしく炊けると評判なので、さらにおいしいお米を炊いてみたいと思った場合にも用いてみましょう。硬水は軟水に比べて喉を通りにくく、ある人からすれば、とても違和感があるし好みでないといわれることがあります。とりあえず設置スペースを考慮し、一度に設けることが困難であると判断したならば、少しずつタイミングを変えて上手に対応していきましょう。大抵の人気業者では、数週間~一ヶ月くらいのお試しを設けています。この他、コーヒーやお茶を口にしたいというたびにお湯を沸騰させなくていいので、オフィスからも人気を呼んでいます。

 

現実に使用してみないと判別不可能なことも多いので、魅力を感じたウォーターサーバーがあれば、お試しを設けているかどうか調査してみましょう。もしも、硬水で契約するつもりならば正式に契約を結ぶ前に水の味を確かめておくといいですよ。それに、スープも使う水によって味に格段の差が生まれます。とはいえ、ウォーターサーバーは意外とスペースを要するので、同じタイミングで使うと生活スペースを狭めてしまうことになるでしょう。次いで、赤ちゃんと暮らしている家庭では、味が良くて害のない水であることから、ミルクを作るのに使用されることもあります。

体に良い水とは

汚れた水、栄養のないカラカラな水からは、健康な体は作れませんね。
その点、多くのミネラルをバランスよく含んだ海洋深層水は、飲料水として理想的です。
体にいい水の条件とは体液に近いミネラルバランスであることです。このミネラルがバランスよく含まれていることが、
体にとってよい水の条件となりますミネラルの中でも、カルシウム、リン、鉄、ナトリウム、カリウムなどの栄養素は、なくてはならないもので、不足すると欠乏症を引き起こします。

 

よい水を毎日飲むことは、本当の意味での健康なバロメーターであると言えると思います。
ほかにも、体組織をつくるもの、他の成分と結合して生体の構成成分となるもの、血液や体液の分量、浸透圧やpHを調整する働きをするもの、
筋肉や神経の収縮や興奮性を調整するものがあります。私たちが毎日飲んでいる水は、血液や体液となって体内を駆け巡るだけでなく、
脳や内蔵、皮膚などの細胞を満たして、あらゆる生命活動を支えています。今の水道水は、塩素や鉛、水銀などの有害物質に汚染されています。

 

体にいい水の条件は 有害物を含まず、安全な水であることである。汚れた水を飲み続けると、体内に少しずつ有害物質が溜め込まれ、正常な水の代謝が行われなくなってしまうんです。
健康を維持するためには、清浄性が確信でき、安心して飲める水を毎日続けて飲むことが何よりも大事であります。

 

環境汚染が進み汚染物質が体内に取り込まれやすい状況にある今日では、ミネラルの役割もより重要となってきます。ミネラル成分は、体の機能を調整するのに欠かせないものです。
大切なのは、必須ミネラルをバランスよく摂取すること。

1日に必要な水

水を飲むことは健康を保つ上で非常に大切なのです。
水分が不足すると、血液が濃くなり、どろっと粘りのある状態になります。

 

1日に必要な水の量は、年齢や性別など差はありますが、成人が1日に約2~2.5リットル必要と言われています。
特に真夏の水分不足は熱中症の大きな原因となってしまうので注意が必要です。体の活動を維持するために、人間は絶えず水を摂取し、排泄して循環させる必要があります。

 

人間の体内からの水分排泄量は、なにもせず横たわっている場合でも成人男子で1日2,300ミリリットルです。この循環がどどこおると生命活動はストップしてしまいます。

 

運動などが加わると体を動かした時や暑いと時などはそれ以上の水分が排出されます。こうした時に脳梗塞、心筋梗塞といった血管が詰まる病気が起こりやすいのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ